長崎で甦った西洋の豊かな味わい。

寛永13(1636)年、西欧に開かれた唯一の港として築かれた長崎の出島には、「蘭館」と呼ばれるオランダ商館が建ち並び、チョコレートやチーズなどをヨーロッパから伝えました。出島をかたどった「出島蘭館」は、チーズクリームとチョコチップの香りが漂う風味豊かな阿蘭陀風チーズタルト。出島で初めて出会った西洋の味を今に甦らせました。

出島完全復元を目指して

短中期計画では、出島の「西・北」「中央」「東・南」の各ゾーンの順に、3段階に分けて鎖国時代の建物などの復元整備を行います。建物の復元により、当時の出島の町並みなどを体験することができ、復元した建物内の展示により、当時の人々の暮らしぶりを知ることができます。
長期計画では、四方に水面を確保し、19世紀初めの扇形の島を完全に復元します。出島絵図(長崎歴史文化博物館蔵)

出島をかたどった、風味豊かな阿蘭陀風チーズタルト。しっとりとした生地をサクッとしたタルトにのせて焼き上げました。

香り高いチーズとビターチョコが織り成すハーモニー。

香り広がるチーズクリームと
やさしさ広がるチョコチップが絶妙の味わいです。

しっとりタルトを出島のカタチに焼き上げました。

外はサクッ、中はしっとりとした食感が楽しめるタルト。
ひとつひとつ扇の型に入れて焼き上げ出島のカタチにしました。

ページの先頭へ戻る