月を選択:

「ながさき紫陽花(おたくさ)まつり」開催を記念し、長崎空港と長崎市内で企画イベントを実施!

初夏の風物詩「ながさき紫陽花(おたくさ)まつり」が、今年も5月26日(土)から6月17日(日)まで開催されます。「あじさい」は、出島のオランダ商館医として活躍したシーボルトが最も愛した花。最愛の妻“お滝さん”の名前を取って、シーボルトが『オタクサ』という学名をつけ、ヨーロッパに紹介しました。

期間中は、眼鏡橋周辺や出島、シーボルト記念館などの観光スポットで19品種のあじさいを観賞できます。シーボルトとお滝さんの愛の物語に想いを馳せながら、市内の散策に出かけてみてはいかがでしょうか。

また、弊社では今年も長崎空港1階のイベントスペースで、長崎空港を訪れたお客様をあじさいでおもてなしする企画展を実施いたします。会場では、シーボルトとお滝さんの愛の物語をかたどった《おたくさ》の配布など行います。長崎空港をご利用の際はぜひお立ち寄りください。

さらに、期間中に開催される2つのさるくコースにも協賛。参加者の皆様には、《おたくさ3枚入り》をプレゼントいたします。参加費は中学生以上1,000円、小学生500円。ただし、こちらは事前の予約が必要ですので、参加を希望される方は、長崎国際観光コンベンション協会(問い合わせ先/TEL  095-811-0369《受付時間9:00~17:30》)またはホームページ《http://www.saruku.info/》でご予約ください。

 

 

ページの先頭へ戻る